狂言・大蔵流・善竹【志芸の会HP】 |公演スケジュールお問い合わせTOP
  「翁(おきな)」について  
         
  お正月には沢山の方が初詣をされます。神前で旧年の無事を感謝し、厄を祓い、新たな年の幸福を祈る。文明が進んだ現代でも一年の生活の始まりは祈りから始まっています。 「翁」は祈りの能です。
能楽は演劇である以前に祈りの劇です。農耕の民として、土と共に生きてきた人々の祈りが今に受け継がれています。 私達の生活が祈りから始まるように、能楽も祈りから始まるのです。
 
         
         
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
         
         
 

「埒が明かない」という言葉があります。
物事が片付かないとの意味ですが、これは年末に春日大社で催行される、御祭の中で「申楽」の金春大夫が祝詞を上げ終わるまでは一般の客は祭礼の場へ入れないことを指したとする説があり、「翁」とは縁のある言葉です。
 

一年の始まりには初詣に行かないと年が明けた気がしない、とおっしゃる方は大勢おられると思います。同様に我々能楽師の一年も「翁」で始まるのが本当のところではありますが、「翁」には明確なストーリーが無く、呪術的な所作に終始するため演劇的な感動とはほど遠く、また多くの演者を必要とするため次第に敬遠され、省略されることが多くなりました。

 
しかし「翁」に際して、演者は事前に日を限って精進潔斎の上で特別な緊張感を持って舞台に臨みます。そして、その緊張感の中で進行する祈りの技こそ、能楽の最も基本とするところである。我々はそう考えます。
新たな千年紀を前にした1999年、我々、志芸の会は『「翁」で正統に新年を迎えよう』という想いのもとで「翁」と狂言の会を発会しました。
狂言方が「翁」公演を主催することは異例のことではありましたが、「翁がないと新しい年が始まらない」「この先、翁の復活を待っていてもいつになるかわからない」
まさに「埒が明かない」という想いでの船出でした。

 
発会〜第五回目までを大阪能楽会館で開催し、第六回より会場を地元神戸の湊川神社神能殿に移し、神前に奉納するという「翁」本来の姿に近い形で開催しています。
また「翁」太夫もシテ方五流を順にお願いして、バリエーション豊かな「翁」公演にしています。

 
         
         
 
 
 
  ■第十回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第九回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第八回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第七回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第六回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第五回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第四回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第三回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第二回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ  
         
         
 
 
  ■第一回 新春を寿ぐ「翁」と「狂言」の会  
    ・詳しくは → コチラ